神奈川の木の家|工務店|注文住宅|住宅リフォーム|OMソーラー|木造ドミノ

qrcode.png
http://uchida-zaimokuten.com/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社内田材木店
〒252-0335
神奈川県相模原市南区下溝1361
TEL.042-778-1024
FAX.042-778-3054
――――――――――――――――――
注文住宅の設計・施工
住宅リフォーム
OMソーラー
木造ドミノ
――――――――――――――――――
 

木の家

   
「身近な森の物語」 “神奈川の木と棲む家”
   
 地域で育った木材を地域の技術を用いて環境に優しい住まいに…
 
 
 
 
 
 
私たち地域工務店が、近くの山の木を使用して家をつくることには意味が
 
あります。
 
 
 
 
 
日本は森林国家ですから、いたるところ森林に囲まれているので、
 
 
 
産地の木材を入手しようと思えば、静岡、岐阜、三重、和歌山、奈良からでも輸送ルートを用いて木材を手にいれることはできますが、
 
 
 
 
家づくりをする際に、
 
 
「耐久性や環境負荷を考えるのなら
 
その土地に育った木材を用ることが家の寿命につながる」と、
 
 
 
私たちは、先人に教わってきました。
 
 
 
 
家は建てられたら動くことができないことを考えると、
 
どこか樹木に似ているかもしれません。
 
 
 
 
その土地の環境は、樹木が用材になってからでも影響し続ける…
 
 
 
 
 
 何となく腑に落ちませんか?
 
 
 
 
 
 
家は、自然環境の中にあって、常に自然と応答しながら建ち続けます。
 
 
 
 
 
 
「永く住み続けることのできる家」を考える場合、
 
 
 
 
家が建っている自然環境に近い山の木を多用して建てられた家は、
 
家にもひとにも負担にならないと考えることは自然なことなのです。
 
 
 
 
そして、
 
地域にある技術を用いて建てられた家は、
 
地域の技術と材料で直しながら住み続けることが可能なのです。
 
 
 
 
 
 
「持続可能な家」とは、このようなことを指すのだと思います。
 
 
 
 
 
   
相模原 津久井のスギの人工林
神奈川県は、県土面積の40%が森林です。
その森林の1/3が人工林(植林された森林)で、
スギとヒノキの樹齢90年以上の伐採期を迎えた森林が
8割以上あります。
   
宮ケ瀬湖付近で伐採されたスギの丸太
伐りだされた木材は、
建築用材としての役割を担うために、
製材の工程に移ります。
 
   
フォレスト津久井 市川屋の製材工場
丸太になった木材は、皮を剥いて製材して、
乾燥・検品を経て、含水率と強度検査で品質を確保した木材が弊社に出荷されます。
 
   
ヒノキの土台を刻む阿部棟梁
製材・検品された木材は、プレカット工場や自社で加工されて建築現場に搬入されます。
 
   
柔らかな感性に響く木の家
木の家に触れて幼少期を過ごしていただきたいと思います。
木の持つ、温かみや触感や香りを言葉や先入観のない小さな子どもたちに生活のなかで体験してもらうことで、「家がどこよりも良い場所」という認識と
「地域の木材に囲まれる幸せ」を次の世代に伝えて住み継いでもらえたらと思います。
   
Green House/㈱内田材木店は、
 
 
「本物の木の家」をみなさまにお届けします…
<<株式会社内田材木店>> 〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝1361 TEL:042-778-1024 FAX:042-778-3054