パッシブデザインについて

 

パッシブデザインとは

パッシブデザインとは
 
「パッシブ」は、受動的、受け身といった意味があります。
つまり、自然のチカラ(太陽や風)を利用して建物に活かすデザインといえます。
自然との関係を閉ざすのではなく、自然が持つエネルギーを積極的に取り入れる考え方です。
 

パッシブデザインハウスとは

パッシブデザインハウスとは
 
パッシブデザインハウスが目指すのは、
1年を通じて、 小さなエネルギーで心地よく暮らせる住まいとなること。
そうした住まいが実現されれば、
寒い、暑い、風が通らない、暗いといったストレスから解放され、 光熱費の負担も小さくなります。
 
   
冬暖かい住まいを実現するには?
 
 
建物の中にある熱をしっかり守ること、つまり建物全体の「保温性能」を上げることが何よりも重要です。そのために壁・天井・床・窓の断熱仕様を考え、一定以上の気密性能を確保します。 次はできるだけたくさんの日射(太陽熱)を採り入れることです。太陽熱で暖められた部屋の心地よさは格別です。さらに蓄熱性を上げることも大きな効果があります。いわゆる高断熱・高気密住宅とパッシブデザインハウスの最大の違いは、建物の性能の向上だけでなく日射や蓄熱のことも考えながら設計に向かうところです。
 
夏涼しい住まいを実現するには?
 
まずはできるだけ夏の強い日差しを室内に入れないことが重要です。ここが不十分だと、どうしてもエアコンに大きく頼る住まいになってしまいます。そのために庇や軒の仕様を考え、日除け効果の高い装置を窓まわりに設置することがポイントになります。 次は風通しです。敷地によく吹く風向きがあるかを把握し、建物の中での風の流れを考えながら窓の配置や大きさを決めることが重要です。風通しの善し悪しは、夏だけではなく春や秋といった季節での心地よさも左右します。
 
自然光で明るい住まいを実現するには?
 
たくさん窓を設ければ明るい住まいになるのは当然ですが、そうすると冬には熱が逃げやすく、夏には日差しが入りやすくなってしまいます。採光や外観デザインとのバランスも考えながら、すべての部屋に自然光が入るように、吹き抜けを設けて光を落としたり、欄間や室内ドアから光を通す設計の工夫を検討します。
<<株式会社内田材木店>> 〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝1361 TEL:042-778-1024 FAX:042-778-3054