神奈川の木の家|工務店|注文住宅|住宅リフォーム|OMソーラー

 

過去の「家づくり雑記帖」

 
フォーム
 
工務店のあり方を考える その二
2019-02-24
 昭和40年頃から売上の80%以上が建設業によるものなのに商号を変えなかった理由は特に無いそうです。
 
 
 社名から受ける印象で仕事をいただくことはなく。 商圏がせまかったせいもあるかと思いますが、真面目に仕事に取り組みその結果が出来上がった住宅に表れて、評判が口コミになるという理想的な環境でお仕事をさせていただいてきました。
 
その後、住宅にとどまらずに、工場やビジネスホテル、診療所や集会所など本当に当社を信頼いただきたくさんの仕事を任せていただきました。
 
 
 私が弊社に入社したのが、平成4年の1月ですが、この頃地元の麻溝地域は土地区画整理事業が大規模にあった関係で近くに市場ができて、会長の長い間の地元への信用が花開いた時期でもあり、母屋の新築工事や集合住宅の新築で、とにかく忙しい日々を送らせていただきました。
 
 
 
 弊社は、家族経営の小さな工務店です。
 
 営業もいません。
 
 広告も出していません。
 
 ですが、確かな目をもって誠実に家づくりに向き合ってりるいるつもりです。
 
そして、お客様と過ごさせていただく時間を大切にしたいと考えています。
 
 ですから、たくさんできません。早くもできません。
 
なので、おのずと今の事業規模でできる範囲の仕事になってきます。
 
 
 将来的には、もう少し仕事ができる事業規模に拡大できれば、お客様に安心していただけると思っていますが、今はご覧の通りです。
 
 
 
 私達は、地域工務店の役割として、「地域に必要とされ続ける」ということ目標を掲げています。
 
新築、リフォームに関わらず、安心して家のことを相談していただける地域のアドバイザーになれればと考えています。
 
 
 もうひとつは、「50年持つ家をつくるなら50年見守ることができる会社を維持しなければならない」と考えています。
 
つづく…
 
 
 
<<株式会社内田材木店>> 〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝1361 TEL:042-778-1024 FAX:042-778-3054